「福祉」×「コーヒー」

1杯のコーヒーから社会を変える仕組みを

当焙煎所で焙煎されるコーヒーの利益は
全て社会に
還元されるウェルフェアトレードの
仕組みを導入しています。
販売された全ての利益は焙煎所で働く
障がい者、生産者に還元されます。
お客様の支払う対価の全てが社会に還元され、
コーヒーを飲むことで
気軽に社会貢献できる仕組みです。

NEWS & TOPIC

  • Instagram
  • Facebook

ソーシャル グッド ロースターズ
千代田とは?

本格的なコーヒーロースターをもつ
福祉作業所

私たち、ソーシャルグッドロースターズ千代田は、スペシャルティコーヒーの焙煎を事業にした福祉作業所です。障害者の方の中には、一般企業にすぐに就労することができない方がいます。福祉作業所では、そうした方が輝き、活躍できる職場をつくることが目的の場所です。「夢や希望をもてる格好いい職場で働きたい」「自信と誇りを持てる給与を得たい」「自分のやりたいことを仕事にして社会に参加したい」そうした障がいのある方の希望を実現するための手段として、私たちは「コーヒーの焙煎」という事業を選びました。

1つ1つ丁寧に欠点豆を手で取り除き、熟練の焙煎士が焼き上げ、豆の持つ味や個性を議論しながらブレンドをつくる。福祉文化とコーヒー文化が融合した私たちのコーヒーをぜひ一度、体験してみてください。

品質に妥協の無い味作り

障がい者スタッフとプロの焙煎士が
チームで生み出す最高の一杯

福祉作業所の製品というとあまり品質が良くないイメージがありますが、私たちは常識を覆す妥協の無い高品質な味作りを実践しています。豆は全て豆鑑定士の国際資格であるQグレーダーという資格を持つ職人がカッピングを繰り返しながら吟味し、鮮度の高いクロップの中でも特に品質の高いスペシャルティクラスの豆のみを使用しています。さらに、焙煎を行う前の生豆の段階でダメージのある豆を障がいのあるスタッフが手でひとつひとつ丁寧に取り除き、品質を一定にしてから焙煎しています。焙煎機はオランダギーセン製の半熱風方式を採用。豆に直接炎が当たらないため、こげ味や鋭い苦味をもったスモーキーフレーバーがつきにくく、コーヒー豆本来の香味成分を十分に引き出すことができます。
手間暇を惜しまずプロの焙煎士と障がい者スタッフの努力によって、ふくよかで甘味と旨味を感じられるコーヒーを生産しています。私たちは飲んで頂けるお客様に「心を震わす最高の一杯」を届けるために、日々努力を重ねています。

事業内容

  • ・スペシャルティーコーヒーの焙煎
  • ・テイクアウトコーヒースタンドの運営
  • ・企業オフィスコーヒー向けオリジナルブレンドの製作

販売した豆の利益について

ソーシャルグッドロースターズ千代田は非営利の福祉作業所です。販売するコーヒー豆の原価など経費を除いた全て利益は施設で働く障がい者や、貧困国の生豆生産者の給与に還元されます。

アクセス

施設住所

東京都千代田区神田錦町1丁目14-13
神田テラス 2F

・都営新宿線小川町
・丸ノ内線淡路町駅
・千代田線新御茶ノ水
各駅 B7出口から徒歩1分

JR総武線・中央線お茶の水 徒歩10分
JR山手線・中央線神田 徒歩10分

最寄駅より徒歩でお越しの場合

運営会社情報

社 名
一般社団法人ビーンズ
代表者
代表理事 坂野拓海
設 立
一般社団法人登記:2016年6月6日
本 社
〒151-0071 東京都渋谷区
幡ヶ谷1丁目8-4
リッツパラシオ 2F 202室
Tel 03-6383-3101 (代表)
Fax 03-6740-7920
資本金
2千万円
事業内容
福祉施設の運営事業
・放課後等デイサービス(渋谷区)
・就労継続支援施設(渋谷区)
・共同生活援助事業(渋谷区)

お問い合わせ